寝言遣いによる日々の寝言
ついに一万ヒット!
よくもまあ、こんな更新の遅いサイトにこれだけの人が来てくれたものです。本当にありがたいお話です。
これを励みにこれからも頑張っていきたいと思います。更新速度も少しは速くなる……ように努力します。

来たぞ、光がってな訳で、ついにうちもBフレッツになりました。
確かに速い速い。だけど、あんまりそれを活かす機会も無い。
まあ、良いさ。料金も安くなったことだし。

最近、友人に新たな称号を付けられました。
その名も《伝説のオトメ》。
……いや、俺は男ですからね?
友人が買った舞乙HIMEの格闘ゲームで、持ち主の友人よりも強くなったとのことで付けられ、その後、これまた友人のテイルズオブシンフォニアでプレセラって斧っ娘使って、ハードモードのボスとタイマンで勝ってしまったことで補強されてしまった。
酷く不本意で認めないと言っても、友人曰く「称号とは他人に勝手に付けられるものだ」との事で定着させられました。

それにしてもネット上で見ると舞乙の評価はどれも微妙ですね。まあ、あれは格闘ゲームとしてやっちゃいけないんでしょうけど。個人的感想としては「一対一の『めぐりあい宇宙』」といった感じでした。
ちなみに私の持ちキャラはデコハンマーさんです。あの大味な攻撃方法と獲物と性格がお気に入り。

スポンサーサイト
【2006/11/29 18:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりの更新
本当に遅くなって申し訳ありません。せめて日記くらいはこまめに更新するべきですよね。

今回は西尾維新先生の「化物語(上)」と「零崎軋識の人間ノック」の感想でも書こうかと思います。一応ネタバレ防止のために下のほうに隠しますので、寝言に耳を傾けて頂ける方は見てみてください。

さて、今回は三つSSを更新です。そのうち一つはまたしても戯言でもメガテンもない話の上に、以前書いてお蔵入りしていた一品です。
それと友人の助言によりインデックスページを設けました。アドレスは変わらないのリンクなどには影響ありません。

御伽噺
なんとなく気が赴くままに書いた作品。
最初に書きたかったこと全てが書けたわけではないのですが、話としては今の形のほうがまだ落ち着いてます。
オチはついてませんけどね(OBI抹殺対象発言)

異訳三話
えーと、今回は純粋なメガテンキャラは二人だけ。ダンテ登場のお話でした。ローカパーラとダンテの共闘というのは以前からやりたかったことの一つです。
ダンテはかなり強く書いていくつもりです。しばらくは苦戦の「く」の字すら知らないでしょう。もっとも苦戦でも余裕のある態度は決して崩しませんが。常にスタイリッシュ。それがダンテのスタイルです。
ってなわけで、この人の戦闘はほとんどノリで書いてます。
ところでダンテのホルスターはマニアクスに出てきた時の格好だとどこにあるのでしょうか? 知っている方が居たらぜひとも教えてください。
信念と疑念の狭間で
世間で賛否両論を巻き起こした稀代の問題作「ガンダムSEED」の短編SSです。もっとも、議論は続編の種Dのほうが白熱してましたが。
さてお話の中心人物シホ・ハーネンフースは本来は名無しキャラだったのが急遽MSVに抜擢されたトンデモキャラです。
この話を書く切っ掛けになったPS2ゲームソフト「終わらない明日へ」で私も気に入ってしまい、つい書いてしまった作品です。つまり、この作品が書かれたのは大体そのくらいの時期ということですね。
何でいまさら引っ張り出したのか自分でも良く分かりません。

それでは以下メールフォーム返信です。

>戯言SSを追ってこのページに辿り着きました。もちろん、すべてのSSをたっぷりしっかり堪能させていただき、満足満腹です。これからも更新を楽しみにしています。ご執筆のほう頑張ってください。
わざわざお越しいただいてありがとうございます。戯言だけではなく、他の作品も読んで頂けてうれしい限りです。更新は相変わらず遅いですが、これからもよろしくお願いします。

ではこれより下は読んだ物の感想です。
続きを読む
【2006/11/21 17:09】 | アトガキ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する