寝言遣いによる日々の寝言
するがモンキー其ノ貮
いやはや、感想を書くのが遅くなって申し訳ない。
気がつけば次の話は明日放映ときたもんだ。
また、いつぞやみたいに途中で感想を書くのをやめてしまうなんて失態が無い様に気をつけねばなりませんね。

うっし、反省したことだし、早速感想に行きます。
続きを読む
スポンサーサイト
【2009/08/27 19:42】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
するがモンキー其ノ壹
今回はとても演出の光る回でもあり、アニメのオリジナル要素も含まれた良い回でした。
でしたが……。
それでも、それでもあえてコレだけは主張したい。
続きを読む
【2009/08/16 22:13】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガンダム大地に立つ
200908101634000.jpg 200908101637000.jpg

昨日、友人と三人でお台場の等身大ガンダムを見てきました。
いやもう、圧巻の一言です。
ガンダム好きとしては心震えざるを得ません。

しかし全体のバランスも素晴らしいのですが、細かい間接部なども凝っていました。
普通は目に付かないような肩の間接を下から見上げて覗いたときはニヤニヤドキドキしてしまいました。

200908101641000.jpg
某ギャグ漫画でガンダムの名の由来とされる『ダム』も見事に再現されています。w

しかし、このガンダムを見に行って思ったのはつくづく自分が懐古主義って事ですかね。仮面ライダーやウルトラマンなどでもそうですが、一番最初のデザインが一番かっこよく見えてしまいます。

あるいは、自分はシンプルなシルエットのモノが好きなのか。仮面ライダーだとblack、ガンダムだと最近のエクシアだっけ? やオプション付けてないストライクとかも好きだし。
更にそのシンプルなシルエットで象徴的な小道具が使われているとたまりません。

まあ、何はともあれ、もしも興味が在れば皆さんも見に行ってみてください。

…………
……
しかし、ただの日記を書くのって久しぶりだなあ。
【2009/08/11 22:26】 | 寝言 | トラックバック(0) | コメント(0)
仮面ライダー 1971-1973

本当は映画が公開された昨日に書こうと思っていたのですが、なんやかんやで今日になってしまいました。まあ、そもそもこの本を読んだのが先月なんですけどね。

さて、一部の方々には名高い和知正喜先生著の仮面ライダーの小説、その総集編にして完結編です。
この作品はいわゆる「ヒーローモノ」としての仮面ライダーではなく、仮面を付けて闘う事になった本郷猛という若者の苦悩が描かれている――なんて、よく言われている作品です。そしてそれは実際其通りなのですが、誤解なきようにこれだけは明記しておきます。

この作品は間違いなく「仮面ライダー」です、

と。

何をもって仮面ライダーとするかは人それぞれだと思いますが(実際、石ノ森ライダーとアナザーライダーに限らず論争は多い)、この作品は、まあこれもやっぱり結局の所自分の基準なのですが、仮面ライダーが持つ一面をしっかりと描かれている思います。

仮面ライダーとしては異色、しかし仮面ライダーの特色を見事に表現した作品です。

以下、各章の感想となります。
続きを読む
【2009/08/09 23:35】 | 本に関する寝言 | トラックバック(0) | コメント(0)
怪異を語れば怪異に到る 『佰物語』
買っちゃった♪
ないだろうなあ、と覗いたお店で偶然にも発見したので購入しましたよ。

短編集ということもあり、長々とした感想は書けませんが一言で言えば

面白かったです。

軽快なノリの会話が「きっとこいつらは普段からこういう会話してんだろうなあ」という想像が出来て楽しかったです。特に私のような二次創作してるものにはネタの宝庫でもありました。

そんな会話劇以外にも見所、では無くて聴き所としてはOPとEDですね。まさか、あのフルをこんな形で聞くことになろうとは想いもしなかったです。w 

西尾維新先生も仰っていましたが、本当に声優の皆様(特に阿良々木暦役の神谷さん)お疲れ様でした、と言いたくなる内容が詰まっていますので、まだの方も是非とも聴いてみて下さい。
あまりにも面白かったので、ボックスの表紙になっている文化祭の話をいつかドラマCDでやってくれないものだろうかという色気が出てしまいましたよ。w

しかし、あれですね。あれもこれも面白かったのだけど、最終的に一番印象に残っているのが、ただタイトルコールをしているだけの忍野忍だというのはどういうことでしょうね?
【2009/08/04 22:29】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
望んでいたものが今ここに

イヤッホォオオオオウゥゥゥ!!!

今更だけど、ついに「真・女神転生」シリーズの最新作の情報が来ました!
その名も[真・女神転生 STRANGE JOURNEY]! 「ジョジョの奇妙な冒険」を連想したのは秘密だよ。

ムービーを見ると物凄く壮大です。今度の部隊はなんと南極。人類にとってこの地球上で最も遠い場所の一つとも言える場所です。今までは身近な東京などが舞台になることが多かったですが、今回は思いっきりましたね。まあ、原作では他の星にまで行ってた事を考えればそれほど突飛でもないのかな?

どうやらハードはDS。幸いにも所持している機種でした。これがPS3とかだったら泣きを見ているところでしたよ。持ってる人にマハムドオン連発です。

内容のほうはそれほど多くの情報が開示されている訳ではないようですが、機械的なシステムでの召喚や交渉に立ち返っているようです。それだけではなく、ソウルハッカーズのときのように拡張することにより色々と出来ることが増えそうな感じ。
立ち返るといえば、今回はダンジョン移動は懐かしの主観モード。Ⅲでも出来ましたが、あれだとちょっと感覚が違ったので、この懐かしさが嬉しい懐古主義です。……あ、もちろんⅢやライドウ見たいなのも好きですよ。

そして何よりも嬉しい情報は何と悪魔の数が過去最多の300体以上!
そのうち新規の悪魔がどれほどかは知りませんが、この情報だけで滾ります。十体も居た日にはおかしくなっちゃうかも。
今の所気になる悪魔は新規を除けば、どこかで載っていた写真に居た「ゴモリー」さん。過去、イベント悪魔として割と重要なポジションで出てきたあの悪魔がついに使役できるようです。それを知ったときは気色悪くニヤニヤしましたよ。

続報が非常に楽しみなメガテンSJですが、一つだけ心配要素があります。
それは遅々として進まない「異訳」が更に遅れることになるんじゃないかということです。うん、マジでどうにかしなきゃね。
【2009/08/03 21:20】 | 女神転生 | トラックバック(0) | コメント(0)
まよいマイマイ其ノ参
心迷いてさ迷いたどり着いた場所で出会った迷子の少女と共に紡ぎ捩れた迷走の物語も終には迷路を抜けて帰路へと着く。

うん、ごめん。たまに勢いで書きたくなるときがあるんだ。
そんな訳でついに完結した「まよいマイマイ」。

そう言えば過去の日記を見直したところ、化物語の感想を書いてはいるんですが、一冊まとめての感想をまとめて書いてて、各エピソードの感想ってのを書いてなかったんですね。

てことで、今更ながら話の感想も少し書いていこうと思います。
続きを読む
【2009/08/02 08:32】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する