寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
零崎人識の人間関係・無桐伊織との関係
すみません、二日空いてしまいました……。

前回の匂宮出夢との関係が一番ストーリーが良い作品だとすれば、この無桐伊織との関係は一番気軽に読める作品です。全体的にコメディ色が濃い内容になっていて、気負わずに読むことが出来ます。他の西尾作品を髣髴させる、あるいはあからさまにネタになってるところもありますしね。(^^)
そして人類最強の請負人、赤き征裁、哀川潤が大活躍するということもあり、発表されている彼女がメインの話「緋色の英雄」を読む前の準備としても楽しめるかも知れません。

内容に関してのネタバレ感想はつづきから。
続きを読む
スポンサーサイト
【2010/03/31 23:29】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
零崎人識の人間関係・匂宮出夢との関係

零崎人識の人間関係の感想第二回。仲良し二人組み(+1)の物語。
個人的には四作の中で一番ストーリーが好きです。
続きを読む
【2010/03/28 22:02】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
零崎人識の人間関係・零崎双識との関係」

感想は夜に書こうとか思ってたら、気が付いたら残り時間が無くなってた。
こういう後回し後回しにするから物事を先に進めることができ何だろうなあ、なんて毎度毎度凝りもせず同じような反省をしているわけです。

リアルの生活のほうでもかなり気が緩んでいる状態が続いている(緩んでていい状況じゃないのに)ので本当に気を引き締めないと……戯言でも寝言でもなくね。

まずは零崎人識の人間関係の感想を一日一巻ずつ書いていこうと思います。
感想を書く順番は自分が呼んだ順番で双識>出夢>舞織>戯言遣いで行こうと思います。この順番は戯言遣いは最後に読むと決めて、あとはアトガキに書かれている順番に沿っています。

と言う訳で、一日目一巻目は零崎双識との関係の感想です。
続きを読む
【2010/03/27 23:29】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
零崎人識の人間関係
100326_234318.jpg

ついに発売しました!
そして珍しいことに発売日に買えました!! めっちゃ嬉しい!
これも化物語と刀語のアニメ化で知名度が上がった恩恵なのでしょうか。だとしたら思わぬ幸福です。

現在、『零崎双識との関係』『匂宮出夢との関係』『無桐伊織との関係』まで読んでいますが、感想はまた後日に回させていただきます。今日のところは購入のご報告というか、喜びの声のみです。

読んでて色々と思うところがありますが、それらもまた後日の感想で。
ただ、言えるのは待っていた甲斐がありました!
【2010/03/26 23:53】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
アニメ刀語PV第二弾

それともこの場合は二本目とでも言うべきなのかな?
そんな言葉遊びはさて置いて、第一弾で公開された三話まで終了したのでまさかと期待していたら、本当に作ってくれましたよ。いやはや嬉しい限り。

今回は4~6月の三か月分のPVです。
予告でもやっていた錆白兵とのバトル、ついに姿を現す否定姫、真庭軍団の頭領の勢ぞろい、「どこが刀だよ!?」のツッコミが始まる第一弾「賊刀・鎧」、雪ん子凍空こなゆき、色々なものが登場してます。
今後への期待がどんどん高まってしまいますね。

ところで、現在アニメ化に勝手に便乗した刀語SSを書いているのですが、果たして次の四話までに今までの三話分が書きあがるのか不安です。それ以上にちゃんと日の出を見れるのかが心配です。

コメント返信
>非実在青少年規制という法案が通ってしまうみたいなんで
すが西尾維新の小説も規制されますね。

そのようですね。その規制がどの程度なのかも主観によるものらしくはっきりしない法案のようです。そのくせに随分と性急にことを進めてそれで効果があると本気でおもっているのやら。っていうか、正しい教育を行う責任の放棄にしか思えません。
規制対象としては西尾維新作品も心配ですが、うちのもうひとつの柱である女神転生も大ピンチな感じです。他にも京極夏彦先生の作品とかも心配です。
個人的にはやはり断固反対ですね。
【2010/03/21 23:07】 | 刀語 | トラックバック(0) | コメント(0)
アニメ刀語第三話「千刀・鎩」
はい、と言う訳で月一恒例に書けるネタができたことで嬉しいアニメ刀語の感想です。
今回もアニメを見た後に原作を読み直しての感想です。いやはや色々と比較できておもしろいですよ? 意外と順番が変わってたりとかね。
そうそう黒巫女に関して「映像化したら楽そうだろ?」なんて会話がありましたが、実際の所どうだったんでしょうね? 顔や髪型、服装などでの個別化が出来ない分体格などを考えたり実は大変だったんじゃないでしょうか?(^^;)
あとサプライズの匂宮兄弟が思いの外出番が多くてびっくり。さすがに腕は長くなかったけどね。
もしも、戯言シリーズが映像化された際にはあの声でやるのかな?

んでは、今回もネタバレありの感想なので大丈夫で読んでくれる人は続きからどうぞ。
続きを読む
【2010/03/10 23:56】 | 刀語 | トラックバック(1) | コメント(2)
真・女神転生SJプレイ日記?
ようやくライドウ後編を書き上げてUPできたのでこちらも久々に書かせていただきます。っていうか、こまめに書けよって話です。そしていい加減このセルフ突っ込みも見飽きてきた頃です。

さて、前回はアントリア制覇の記事を書きましたが、今現在はボーティーズ、カリーナを越えてデルフアイナスにいます。うん、他に記事も無いんだから書けよな。そして未だにクリアしてませんよ。
一応カリーナのボスを倒したときのメンバーは紙に控えておいたんですが、どっか行っちゃいました。ただ、ドッペルゲンガーが大活躍をしてくれました。殆どのダメージソースは彼の物理反射のお陰です。

いやー、しかし面白いですよ。何度も言うようですが。
ゲーム本編も難易度が高くやり応えがありますし、サブミッションも面白いのが多くてやりこみのしがいがあります。
本当に何度地球を黒く染めたことか。何度同じ場所を行ったり来たりしたことか。
ここ最近の女神転生(派生も含む)シリーズの主人公は何だかんだで特殊な力を持った特別な人間でしたが、今回は人間のちっぽけさが痛感します。人間の作った武装で実を固め、どうにかこうにか乗り切っていく感覚がプレイヤーにもひしひしと伝わる、そんな内容です。

それとよく言われていますがアンソニーは多くのメガテンプレイヤーの分身に違い在りませんよ。依頼を受けたときの無音は引いたんじゃなくて同士を見つけたときの感動の衝撃を表しているんだと思います。
【2010/03/06 23:49】 | 女神転生 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。