寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アニメ刀語代7話『悪刀「鐚」』
はいはい、またしても遅くなりました。
本当ならば先に完結記念&ガハラさん誕生日おめでとうSSを上げる予定だったんだけど、思いのほかに難航中です。座礁だけはしないよう努力しています。

さて、いよいよ折り返しに入ったアニメ刀語ですが、折り返しなのに今回の対戦相手は中ボスならぬ裏ボスです。
もはや西尾維新作品ではお馴染みの最強キャラ。主人公組である鑢七花の姉、鑢七実。

我々、原作既読者はもちろん、アニメが初見の方々もすでに先月の公式ネタバレ(原作でもそうだった)により、その結末だけは知ってしまっている今回のお話。

ではでは、ネタバレ仰山の感想です。

いやはや、今回はなんというか挑戦的な演出が目立つ回でした。
竹さんのイラストにより似せた作画もさることながら、各所にちりばめられたゲーム的な演出の数々。これはゲーム化へのスタッフの希望ということなんでしょうか。まあ、実際のところはそうでもしないと結構重い話ですからねえ。

>今月の対戦相手
と言う訳で、姉ちゃんです。最近、すっかり悪役がいたについてしまってます。今までイメージでしかなかった悪い笑みが演出の妙で生々しさを持ってしまいました。
しかし一番驚いたのは悪刀が抜けて、今まで七実を押さえ込んできたあらゆる束縛を破った抜き身の七実があそこまで戦闘に耐えられたということですかね。とがめへ放った一撃で既に限界を迎えてしまっていたのですが、アニメではそれだと見栄え的に問題だったのでしょう。とがめの覚悟がいまいち伝わらなくなってしまったのがちょっぴり残念でしたけどね。
出来れば長生きをしたかったけど、ソレが適わない以上はせめて唯一絆と呼ばれる繋がりを持つ弟の七花に殺されたかった。その矛盾した想いが最後の台詞を噛ませたのでしょうね。

>今月のまにわに
まあ、今回は特に語ることもないです。
しいて言うなら、人鳥可愛い。

>今月の否定姫
七実というとんでもない化物の登場に、とがめを当ててどうのかしようとする他勢力。そう考えると結構とがめって他の勢力からの評価って高いんですよね。
あの天井裏との会話の演出は大変楽しかったです。

>今月の主人公組
さすがに今回はバカップル要素が少なめです。
強敵であり身内である七実との打破にとがめの奮闘が光りますが、七花の格闘ゲーム風な新技「七花八烈・改」の演出も楽しかったです。ただ、今後もあの演出は続くのかな? まあ、滅多に放たれませんけど。
最後のいつものやりとりには癒されました。
今月以降はとがめの活躍が目立つ回となりますが、PVを見る限り戦闘も楽しみかな。

いやはや、素晴らしい回でした。
なによりも「やられた」と思ったのはED後のあのカット。
まさか、原作で毎回本編の後に小さく入れられているカットがあのように使われるとは……あまりにも不意打ちで泣きそうでした。
次回はもはや器具としての形すら失った変態刀、微刀「釵」。次回もとがめが活躍。そして否定姫の懐刀不忍の左右田右衛門左衛門の暗躍も始まり、楽しみですね。
それではみなさま、又来月までちぇりお!
スポンサーサイト
【2010/07/17 00:33】 | 刀語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<近いうちの予定 | ホーム | 戦場ヶ原ひたぎ 誕生日おめでとう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/118-6f39da42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。