寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
猫物語

100801_124008.jpg

書くもん書いたのでようやく買っておいた猫物語を読みました。
散々前振りというか複線というか、存在だけは匂わせてきたGWの悪夢。
それがついに日の目を見ることに! ということで、発表されてからずっとわくわくしてましたよ。
それでは早速感想を、と行きたい所ですが、その前に。
もう既にあちこちで情報が出ていますが、思わぬサプライズ情報が在りました。

100801_124051.jpg
傷物語、アニメ製作決定!

ひゃっほー!!
最終回の次回予告とかでサプライズ予告がないかと思っていましたが、こちらで来ましたか。
詳しい予定はまだ書かれていませんが、それでも何時までも待ちますぜ!

サプライズ情報を公開した所でネタバレありの本編の感想です。

えーと、とりあえず阿良々木の血筋が話を重ねるごとに馬鹿になり、変態度が増すという恒例行事から始まります。もう、あの兄妹はどうしようもないですな。
で、その兄妹がパン……じゃなくて、恋の話をするところから今回始まっているわけですが、阿良々木が羽川に対して恋心を抱いているのではないかと相談。最初は肯定したものも、それはただの欲求不満だと切り捨てる月火。なんというか羽川が不憫だなあ、なんて思う。
ACでは神原が羽川を戦場ヶ原の敵と読んでいましたが、羽川の敵はファイヤーシスターズというか、月火な気がしましたよ。
……このときはまだ。
っていうか、あの説明じゃしかたないよね。
まあ、いつも通り馬鹿会話の中にちゃんと伏線や布石があるのが西尾先生らしい。
あと、火憐ちゃんは男前過ぎです。w

で、一応化物語でも語られ、アニメでも流れてた事情説明のシーン……なのですが、まさかのイメージ崩壊。
何でもするからという言葉に本気でテンション上がる阿良々木くん。寸前までのシリアスシーンはどこへ行った!?
でもまあ、結局その「何でも」も羽川のために使ってしまうあたりがらしいですけどね。

で、その後廃墟での名無しの吸血鬼少女とミスタードーナッツとのファーストインパクトなんかがあったりもしながら、いよいよ物語は本題に。

と言っても、阿良々木くんは始終蚊帳の外でしたけど。いや、終ってことはないか。
いやはやしかし、連日虐待のニュースが流れていますが、なんともやっぱりやりきれない思いにはなります。これが筋違いの同情で、いわゆる見下しだというのも承知ですが、やっぱりそう思ってしまう。

そして、あまりにも正しすぎる羽川。それゆえに家族の歪みは悪化していくばかり。
正しいことが正しいとは限らないなんてのは矛盾した言葉ですけど、まあ実社会でもそうなんですよねえ。むしろ正しいことが正しいときなんて滅多にない、というのはさすがに過言か。
気持ち悪いほどの正しさ。
それにより怪異すらも飲み込んで変質させてしまうというのは本当に常軌を逸しているとしか言いようがありませんね。

そしてそんなことを承知でも羽川のことを悪し様に言われることを嫌う阿良々木くんは、結局の所、やっぱり彼女との対峙を望むわけですが、阿良々木くんも結構シビアですよね。春休みの経験が大きく影響しているのでしょうけど、過剰な同情や哀れみは絶対にしない。
ただ過剰な決意と行動が目立ちますけど、それが阿良々木暦という人間のパーソナリティですからね。

最終的には予想通りというかアニメ版の絵とは大分違う形の決着になったけど、今までずっとベールで閉ざされていたGWの出来事が読めたのは素直に嬉しかったし、楽しかったです。

さて、なんとも今回は感想が難しい話でしたが、読み終えてページを捲った先にはまたもやサプライズ!

100801_124138.jpg100801_124152.jpg

『猫物語<白>』『傾物語』の存在は既に前回の偽で明らかになっていましたが、それだけに留まらず、なんと各ヒロインの話がそれぞれ一本ずつ出る予定とな!?

『花物語 第変話するがデヴィル』
『囮物語 第乱話なでこメデューサ』
『鬼物語 第忍話しのぶタイム』
『恋物語 第恋話ひたぎエンド』

嬉しいお知らせに心躍らせはしたのですが、ソレと同時にこのサブタイトルを見て蘇った記憶がありました。それはネコソギラジカル下のあとがきに書かれていた言葉。

どんなハッピーエンドの小説でも、それはただ、ひょっとしたら印刷ミスで『というのは嘘でみんな死にました。』という最後の一行が抜け落ちているのかもしれなくて――

まさかとは思いますが、作者はあの西尾維新。《萌えキャラ殺し》の異名を付けられたその人ですし、ありえなくもないかと。
まあ、なんて言っても、化物語でひたぎとのデートシーンを読んでる最中もまだ「誰か死ぬんじゃないか?」と思っていた捻くれものの見解ですけどねw

それでは今回はこの辺で。
お休みの間、悪魔に乗っ取られないように気をつけましょう。
スポンサーサイト
【2010/08/02 00:08】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<久しぶりに | ホーム | 近いうちの予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/120-f51057fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。