寝言遣いによる日々の寝言
アニメ刀語第十話「誠刀・銓」

遅くなって申し訳在りません。
何でこんなに遅くなったのかと言えば、相変わらずの怠慢が原因です。はい。

それと一応ご報告として、「猫物語・白」を買いました。
感想はまた後日。
アニメファンブックの購入もまた後日。

それでは以下、感想です。

今回は動きが少ない話だけに、アニメ化する際に構成が大変だったのではないでしょうか。そんなことを思ってしまう今月のアニメ刀語。
今までのようなバトルは殆どなく、己の内面と対峙するという、ある意味王道的な展開。でも、王刀は先月の刀でした。(黙れ)
それだけに動きだけではなく、今まであったコミカルなラブコメ要素も……うん、まあ、少なくはなってるよね?

>今月の対戦相手
対戦と言って良いのかは微妙な所ですが。本質的に対戦しているのは、自分自身になってしまう、そんな《仙人》彼我木輪廻。
見た目も性格も、見るものによって変わってしまう、彼はそのすべてが仮初の借り物でしかないわけですが、声優さんの演技もそれに合わせて表面的なモノと感じさせる喋り方でしたね。
いや~、それにしてもあんなのがいたら確かにイラッとするわ。(笑)特に七花たちが悟ったときの、言葉のうえだけで褒めてる感が半端ないですからね。
しかしまあ、彼は彼で、一体この世界の歴史をどう思っているのか、というのも気になるところですが、それもやっぱり視る者で変わってしまうんでしょうね。

>今月のまにわに
まあ、今回はほとんで出番がなかったので、ほとんど書くことがないんですけどね。
それでも次回はいよいよ、まにわにとの決着となる話なので、今はそれまでの準備期間ということでしょうか。

>今月の否定姫
相変わらず身も蓋もない人たちです。
ネタバレを平然としてしまうあたりが、なんとも否定的。伏線涙目ですね。
そして、ついに気づかれてはまずい所に不審を覚えた否定姫の命で、探りを入れる右衛門左衛門。まさか、あんなところで登場するとは思わなかった。彼我木は気付いてたのかな?
何はともあれ、こちらの決着もあと少し。

>今月のバカップル
と言っても、今月はその様子はほとんどない……っていうつもりだったんだけどなあ!
なんだ、あの七花に身体を預けて、腕を自分の身体に回す仕草は! ああもう! 本当に可愛いなこいつらは!
とはいえ、内容的には二人にとって結構重い話。
七花は以前と比べて人間的な情緒が成長したがゆえに生じた、かつて斬り捨ててきた対戦相手、特に敦賀迷彩の事に罪悪感を抱き、とがめは今の己の根底でありながらも、思い出すのが辛い過去との対峙。
しかしまあ、それでも七花は結局の所、恋でも愛でもない感情でもとがめに惚れている事、そしてそのとがめのために戦うことを揺らぐことなく貫き通し、とがめもまた、父親の最後の言葉と想いを受け取りながらも、それでもそれ故に、己の目的を貫き通すことを決意したわけです。しちゃったわけです。
もうこのときに、結末は決定してしまったのかも知れませんね。

さて、最終章に突入したアニメ刀語。
残り僅かでなんとも寂しいですが、最後まで楽しく視聴していきます。
そして、最後までこんな感じの駄文感想も続けていきますよ。
それでは、ちぇりお!
スポンサーサイト
【2010/10/27 21:12】 | 刀語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<オーケー! レッツエヴリバディ! | ホーム | 祭りの後>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/130-3687cce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する