寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アニメ刀語第十一話「毒刀・《鍍》」

ついに、ついに来てしまいました、この月が。
物語の終焉へと続く物語。

あー、結末を知っていてなお、この月が来るのが怖かった。

以下、ネタバレありの感想です。
今回は、残りの伏線回収回。色々と隠されていた真実が暴かれていきました。
四季崎記紀の刀は、全て未来の技術を活かして制作されていた――。人によっては「別にそんな理由付けいらなくない?」とも思う人もいるでしょうが、そこら辺に理由付け(自然、強引関わらず)を行うのが西尾維新っぽいところです。
とまあ、真っ当な見解はさて置いて、今から思うと、以前も書きましたが日和号はぷに子の技術を見たのではないかと思ってしまう。そう考えると、「虚刀《鑢》」を作る技術はMS-2機関の《橙なる種》の技術だったのではないかと思えてきてしまいますよ。
バトル方面は、今回は鳳凰と右衛門左衛門のバトルにはかなり力が入ってました。その分、七花と鳳凰のバトルは大分大味な感じ。でも見た目の派手さは在りましたね。
あと、なんて言うか、今回はとがめの尻に対する情熱が伝わってきました。(汗

>今月の対戦相手
この場合は鳳凰と言うべきか、それとも四季崎記紀というべきなのか。
とりあえず、四季崎の格好はかなり派手ですな。意匠などがあちこちで言われているように、確かに罪口っぽい感じだったのですが、あれも未来を見て形から入ったのでしょうか。
四季崎がインしてからは鳳凰の口調もかなり乱暴なものに変わってしまうわけですが、やはり声優さんは凄いですね。同じ声なのに別人のようでした。
バトル方面は先に書きましたが、かなり大味な演出です。こういうのは刀語では珍しいのではないのでしょうか。錆白兵との戦いくらいしかなかったと記憶しているのですが、そうなると、同じく天才剣士の技術を見て、真似ていると言うことで、似たような演出にしているのかも知れませんね。
最後は、己の作品の出来を確認できて満足に行ったわけですが、身体を乗っ取られていた鳳凰に対しては、まあ同情はないですね。むしろ何故か、「ルパン三世対複製人間」であった「感謝しろよ、ようやく死ねたんだからな」という言葉が思い浮かびました。
引退するとは言っていましたが、果たして他人のパーツを奪って生きるというのはどういう気持ちだったのか。いや、そもそもそう思う心ですら借り物だった可能性は十分にありえます。そうなると、考えようによっては、とうの昔に「真庭鳳凰」という人間は死んでいたのかも知れませんね。

>今月のまにわに
ついに今月で終焉を迎えたまにわに勢。
最後の生き残りである人鳥も奮闘虚しく、殺されてしまいました。
今の世に愛されて、強運を持っていようとも、今の時代を生きるものの意図が乗せられていない、数百年後の技術による兆弾までは防ぎようがなかった。
しかし、万一にも外さないためとは言え、銃を口にくわえさせての射殺は絵にするとかなり怖いものがありました。また、西尾維新がインタビューで「こんなの書きましたっけ?」とか言いそう。
最後に、本当に物語を彩るキワモノかませ犬としての活躍、お疲れ様でした。本当に感謝してます。

>今月の否定姫
右衛門左衛門は因縁ある、鳳凰との対戦を行ったわけですが、アニメではこの二人の因縁についてはあまり深く語られませんでしたね。尺の問題もあるのでしょうが、顔を奪われたことくらいはあっても良かったような気もします。
で、彼の死を否定した主、否定姫はといえば、一人、ライバルであるとがめの迂闊さに恨み言を吐き出していました。憎い敵だからこそ、自身の手で満足のいく形で仕留めたかったという想い。
まあ、現代ならばツンデレの一言で済まされてしまうんでしょうけど。本当に罪な言葉ですね、ツンデレって。カッコよさも哀愁もあったもんじゃないです。

>今月のバカップル
今回は何割り増しにシリアスないちゃらぶです。
まあ、それも死亡フラグという哀しいいちゃらぶな訳ですけど。
七花が自分はとがめの父親の仇の息子(な、長い)だと言うのに、とがめが「そんなことは関係ない」というあのシーン。真相を知っていると、あのときのとがめの心はどれだけ傷ついていたのかと考えてしまい、酷く痛々しいシーンに見えてしまいました。
そして、最後にはついに訪れる終焉の音。
最後の七花の叫びがまた、悲痛さがとても伝わってくる叫びでした。

いよいよ! いよいよ来月で最終回!
長かったような短かったような、一年がついに完結します。
ただ、ただその日が来てしまうことを待つことしか――あ、うそだ。やれることというか、やらなきゃいけないこととして、ソレまでに「剣士語」追いつかないと。
と、とにかく、皆様今月もこれで、ちぇりお!
スポンサーサイト
【2010/11/14 22:27】 | 刀語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<剣士語第三話更新 | ホーム | 古代メキシコ・オルメカ文明展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/136-0b046d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。