寝言遣いによる日々の寝言
アニメ刀語第十二話「炎刀・銃」
ついに――。
ついに終りを迎えてしまいました、アニメ刀語。

一年間、毎月の楽しみとしていた作品が終わってしまうというのは、これで二回目の経験ですが、やはり寂しいものです。
しかし、そうは言っても、終のない物語なんてないわけですし、あったとしても大抵それは打ち切りだったりと、あまりろくな結果ではないわけですから、仕方ないですね。

とまあ、そんな感じでしんみりしても仕方ない!
一年間の楽しみに感謝しながらの最後の感想です。

今回は最終回ということもあってか非常に演出が凝っていました。
とがめとの別れのシーン、かませ11人集と右衛門左衛門との戦闘シーン、そして全てが終わった後のエンディング。そのどれもが、アニメならではの魅せる演出で、とても見ごたえがありました。

物語の方は西尾維新らしい、報われないし実りのない、だけど読んだあとに前向きな気持になれる締めとなっています。というか、一番その傾向が強いのがこの刀語という物語ではないでしょうか。なにせエピローグでもわざわざそう語られているくらいですしね。
努力が実るとは限らないし、経過が結果に繋がるとも限らない。
だけど、どんなに結果が惨めで努力が無意味なものとなるものだったとしても、それでもその努力をしたという経過があったことは嘘ではなく、そうして生きてきたこともまた揺るぎのない事実なんですよね。
どうせ人間は後悔しない生き方なんてできないのだから、せいぜい後悔しながら精一杯生きるしかないわけです。
とか、なんとか言ってみたり。

>最後のかませ犬
はい、いつものまにわにのコーナーは今回は御側人11人衆の事について軽く触れておきます。なにせ、前回でまにわに居なくなってしまいましたらからね。
王道とも言える過去の敵ラッシュですが、まあ今回はあくまで同じなのは刀であって、持ち主までは同じではなく、それも数段劣る連中ばかりです。まさに今までの苦労を表すとともに水泡と帰す、かませ犬として非常に優秀な役どころの方達でした。
彼らとのバトルはアニメの魅せ方を優先したため、原作とは異なる部分が多々ありましたが、その分見ごたえもあり、アニメ的演出としては正解だと思います。
まあ、惜しいセリフなども削られていましたが、仕方ありませんね。(「ときめかねえよ」とか日和号への思い入れとか)
そして、やっぱりというか人気が出た皿場校舎。なんかアニメでさらに可愛くなっている。

>最後の対戦相手
否定姫の懐刀、不忍の左右田右衛門左衛門。
彼のあり方は先月までの、否、今月冒頭までの七花と同じなんですよね。
主と仰ぐ者のためにいかなることもやり遂げるという覚悟をした刀。だから、この戦いは七花にとって過去の自分との決別も意味していたのかもしれません。
そんな二人の戦いですが――圧巻の一言です。
原作絶対主義の人には受け入れられなかったことかもしれませんが、アニメの魅せ演出に息を飲みました。特に最後の七花八裂(改)を決めたときの演出はタマランものがあります。
そして彼の散り際の一言は、彼自身の生き方を最後まで貫いた証左でしょう。
声を担当なさっていた小山力也さん、お疲れさまでした。とても渋い声で、右衛門左衛門のかっこ良さが際立っていました。

>最後の否定姫
個人的に原作を読んだ時、一番意外な結末だった人物です。
最終的に彼女の独り勝ち、みたいな見解もあるようですが、自分的にはそうは考えていません。
結局、一族の使命は全うできず、強敵と書いてともと読む相手を不本意な形で殺し、唯一の腹心であり一心同体だった存在を失った、それでもその後を生き残らなければならなかった彼女は誰よりも敗北者だったのかもしれません。
もちろん、彼女はそんな事は否定するでしょうけどね。
エピローグの彼女がキャラが変わって見えるのは、そういったあれこれを失って、身が軽くなったからなんでしょうが、果たしてこの後の旅で何かをまた背負うことになるのか、それとも――まあ、そこを考えるのも楽しみの一つですね。
戸松遥さん演じる否定姫は、胡散臭さとともに黒幕的な雰囲気がたっぷりでした。それでいて最後の否定姫も可愛らしくてよかったです。長台詞が多い役柄、お疲れさまでした。

>最後のバカップル
物語の時系列的に最初に持って行こうかとも思いました。
話の内容的にもバカップルという表記を訂正しようかとも思いました。
ですが、やはりこの二人のことはトリに、そしてバカップルとして語らせてもらいます。
やはり死んでしまったとがめ。その言葉の数々は今までの旅路を受け入れた上での、否定でした。
旅の中、様々な経験を、思いを、何よりも想いを重ねてきましたが、それら最初から最後まで全てが駒でしかなかった。そうとしか感じられなかった。
序盤で言われていた、心を無くした女。どれだけ感じ入ろうとも、それを受け入れる心が無いとがめは、ともに旅をして成長する七花に取り残されていたのでしょう。
ですが、いつからか、ナレーションでこのフレーズが消えてるんですよね。まあただの尺の問題という現実的な考えもあるでしょうが、ここはもう少し前向きに希望的な捉え方をしても良いのではないかと思っています。
それが、最後に『家』の呪縛の象徴である白蛇が消えて、何もかも背負う必要が無くなったとがめの散り際の一言が、本当の本音だったと思える根拠にもなりますしね。
そして、七花は愛しい人を失い、せっかく得た人間性が失われたように振る舞いますが、その様こそ彼の人間としての成長を物語っているようにも思えます。本当にただの刀なら、持ち主が死んだからと言って、折れることを望んだりはしないはずですから。
結局、彼もまた、家族を失い、最愛の人を失って、それでも生き延びてしまった訳ですが、七花の場合はまだ得たものがあると思っています。それがこの一年の旅の間に得た人間性。もう彼は誰かに所有され誰かのために振るわれる刀ではなく、自分の為に好きに生きることが出来る一人の人間になったんではないかと思います。
彼ら二人の幸せな最後が見てみたいという方向もあるでしょうが、これはこれで彼らは不幸中の幸いだったのではないかと考えています。
それに、そういう方の未来は、本来とは違う物語は自分たち二次創作作家の腕の見せ所となるのでしょうかね?
とがめ役の田村ゆかりさん。鑢七花役の細谷佳正さん。本当に一年間お疲れさまでした。
田村さんの演じるとがめは、本当に可愛らしく、それでいて腹黒さと計算高さという二面性を見事に演じわけていて、とがめの魅力に一層お気に入りのキャラに成りました。
細谷さんの七花も、序盤の感情のない抑揚のないしゃべりが、段々と人間らしさを持ち、感情が豊かになっていくという難しそうな演技をこなし、彼の不器用さと格好良さが堪能できました。

一年間。
長かったようで、振り返ればあっという間でした。
原作の時もそうでしたが、今回も非常に感慨深く、ともすればこの感想を書いている間に涙が出そうにもなりました。
そんな風に思える素敵な作品を作ってくださった、アニメ制作スタッフの方々、本当に一年間お疲れさまでした。そして、一年間本当に本当にありがとうございました!

では今回も、最後も締めの一言でおしまいです。

ちぇりおーーっっっ!
スポンサーサイト
【2010/12/12 22:42】 | 刀語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<メリー・クリスマス! | ホーム | 剣士語第三話更新>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/138-9e144c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する