寝言遣いによる日々の寝言
レッツゴー! 仮面ライダー

こちらも今更ながらの感想です。
映画公開初日に観に行ったのですが、なんやかんやで感想が今になってしまいました。

うん、いい歳して何を見に行ってるんだと言われるかもしれませんが、結構子供がどういう場面で盛り上がるのかとかも気になっていましたので、その勉強もかねての干渉です。
…………いえ、そんなことを抜きにしても見に行きたかったんですけどね。
以前も言いましたが仮面ライダーが好きなんです。
ましてや、今回のは藤岡さんたちオリジナルキャストが声当てをしていると聞いては、見に行かざるをえません。

というわけで、以下ネタバレ有り(?)の感想です。

うん、それほど期待はしていなかったんですが、良い意味で裏切られました。
細かいことはイイんだよ! の気持ちで見る分には非常に楽しめました。
特に一号、二号が話の本筋に関わってくるだけあって、活躍が多かったのも嬉しい。というか、その贔屓目の感想でもあるわけですが。

話も意外にまとまっており、テンポも良かったと思います。
やはり子供向けだけあって、飽きさせないように気を使って作られているだけありますね。

平成からのメインライダー二人もいい感じに活躍していました。
電王ならではの緩い逆要素や、火野映司の過去から来る重い言葉など、それぞれの特色をうまく使っていました。
実はNEW電王は今回が所見だったのですが、結構好きになれそうなキャラです。イマジンと主人公の友情はTV版から外すことの出来ない電王の色でしょうね。
あと、腕だけになったり、メダルが出たり、モモタロス便利すぎだろw

ショッカーを初めとする敵キャラはさすがに全てが活躍、とは行きませんでした。
まあ、仕方ないですけどね。
個人的にお気に入りなのはゼネラルシャドウのトランプフェイド、ブラック将軍からヒルカメレオンへの変身、そして最後に出てきた岩石大首領の登場シーンですね。
トランプフェイドなど、当時のモッサリ感が現在のCG技術によって随分とスタイリッシュになっていました。
逆に岩石大首領の登場シーンは、当時を彷彿させる演出に思わず唸ってしまいました。
ああ、あと本来征服する側のショッカーの一員が、どこぞのイカ娘に微妙に侵略されてる感があったのがちょっと笑えた。

意外な登場としては、まさか少年ライダー隊が出てくるとは思いませんでした。
相変わらず女子供に弱いショッカー戦闘員になんだか安心感をおぼえましたよ。

とまあ、散々にグダグダと書きましたが、とにかく面白かったです。
少なくともオーズ、NEW電王、そして一号二号が好きな人は見て損はないと思います。

もうひとつの目的である子供達の反応は意外とおとなしくてびっくり。
もっと騒ぐものかと思っていたんですが、映画鑑賞中は静かに見ていました。
それでも、電王のギャグシーンでは笑い声が、歴代仮面ライダーの登場シーンでは響動きが起こり、子どもたちの反応にも楽しむことが出来ました。
特に最後、映画が終わった後に子供が漏らした感想「かっこ良かったね」にはなんだか嬉しかったです。
やっぱり仮面ライダーは永遠に不滅です、ね。
スポンサーサイト
【2011/04/17 22:20】 | 寝言 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<風邪を引いてしまいました | ホーム | 花物語>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/151-ae87bd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する