寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アニメ偽物語「かれんビー」感想

お久しぶりです。
久しぶりに一ヶ月以上の放置をしてしまいました。

気がつけば、偽物語のアニメも始まっており、毎週欠かさずに視聴しているのに感想も書いてませんでした。

というわけで「かれんビー」の感想を一纏めで書いていこうと思います。
以下、原作続編のネタバレも含む感想になるので大丈夫な方は続きをクリックしてください。

毎回毎回、シャフトさんの遊び心あふれる映像には楽しませてもらっています。
って、言ってもシャフトさんの制作で視聴したことあるのは物語シリーズとぱにぽにだけなんですがね。
基本的には会話劇な物語シリーズにはこういう演出が視聴者の目を飽きさせないで良いですね。

1話からいきなり大暴走の阿良々木くんと戦場ヶ原さんのカップル。
久しぶりだったけれども、いきなり元気ハツラツなガハラさんが見れて満足です。アニメのガハラさんの可愛さは異常ですよね。
そして、阿良々木くんの暴走ぷりもアニメで見ると異常ですね。
いやー、文字だと単純に楽しんでいられますが、映像にするとこれは酷いですね。いやまあ、結局笑ってしまっているのですが。
しかし、楽しいやりとりも良いのですが、最後の別れるシーンは鬼物語を読んでいると辛いものがありますね。
伏線なんて回収しなくても良かったのに! と理不尽にも思ってしまいます。
しかし、どれくらいカットされるかと思ったら、ほぼ1話まるまる使っての会話劇には驚きました。初見の人はもっと何事かと思うのでしょうね。

2話では撫子と神原が大暴走。
んー、なでこスネークの時といい、小説では地味だったけど撫子は映像にすると危ないよなあ。囮物語も映像化したら別の意味で危ないし。まあ、さすがにそこまではアニメ化するかは微妙ですが。
そして神原はやっぱり安定して面白い。前回はなでこスネークで大幅カットの憂いにあいましたが、今回はBパートのほぼ全てと3話の前半を使ってほぼすべての会話劇を楽しむことが出来ました。
とりあえず、メダパニ神原は可愛かった。

3話ではいよいよ満を持して貝木泥舟の登場。
いやー、凄い不吉な雰囲気が出てて良かったです。あの抑揚のないのに深く響いてくるセリフには声優さんの凄さを感じさせられました。またもやイメージしていたのとは違うビジュアルでしたが、忍野メメのときほどにかけ離れていなかったので割りとすんなりと受け入れられました。事前に、その件が会ったからというのもあるでしょうけれども。

4話は何においても忍の初喋り!
いや、ショートカットの羽川さんとか触れる点も多いんですけれども、やっぱりあの二人のやり取りは格別です。
このシーンは傷があってこそ、とは思うのですが、それでもやはり感慨深いものです。
最後の忍が阿良々木くんの胸を撫で、阿良々木くんが忍の頭を撫でるシーンはその意味を知っていると感動的ですらあります。あれは本当に良い演出でした。

5話は結構バッサリと会話劇がカットされてましたね。
やはり阿良々木くんのとんでもない性癖「眼球舐め」はカットされてしまいましたか。その他にもサーターアンダギーのボケもなかったのはちょっと寂しいけど、尺の問題上しかたないですよね。
しかし、その割にというか、本当にアニメはエロスな描写に力が入っているように観えてしまうのは、私がエロいからなのでしょうか。いや、原作を忠実に再現したらたしかにああなるんでしょうけどね。
それにしても、回想シーンのカラオケボックス。どこだ、ここ? って言いたくなるような部屋になっていましたが、考えてみれば阿良々木くんによる編集された回想だと思えば納得です。だって、友達の居ない阿良々木くんがカラオケとか行ったことあるわけ無いですからね。

6話はとにかくガハラさんが可愛かった。以上。
いや、さすがにそれは冗談にしても、本当にデレデレだよなあ。まあ、今回は阿良々木くんも本当に格好良かったので納得です。嫉妬に狂って誘うとは思いませんけど、素直に見惚れます。

7話は完全にドラゴンボール化してましたね。
まさか、戦闘シーンをあんなふうに演出するとは思わなかった。これ「つきひフェニックス」の影縫戦どうするんだ?
忍の営巣の時に上にイメージ映像と出ていましたが、むしろ全編にわたって必要な気がしますね。
貝木との対話シーンは影の演出や背景のヒーローショーの映像などがいい味を出していましたね。複数で悪を吊るし上げる、偽物の正義は一皮向けば簡単に悪になる。
最後にまたガハラさんの話になってしまいますが、お願いを口にするシーンでガンガンに阿良々木くんを押していたのに、最後は位置を変えて阿良々木くんが攻めてる体にするガハラさんが可愛らしい。

次回からは「つきひフェニックス」が始まります。
偽物語の本番とも言っても良い話になりますが、はてさて残り4話でどのようにまとめるのでしょうか。
何はともあれ楽しみです。
スポンサーサイト
【2012/02/23 22:16】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<卒業しました | ホーム | あけましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/171-20965601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。