寝言遣いによる日々の寝言
悲鳴伝

ようやく読み終わりました、西尾維新最長篇小説「悲鳴伝」。
さすがは最長というだけあって、時間がかかってしまいました。
とは言え、後で知りましたが「ヒトクイマジカル」とそれ程に分量は大きく違わないそうですね。

どんな話になるのか、予告された段階では全く予想できない作品でしたが、前情報が公開され始めて予想をアレコレとしてみましたが、当然のように予想なんて意味が無い作品でした。

いや、ムリムリ。
この内容を予想するなんて。

では、毎度の雑な感想は続きから、となります。
ネタがレを避けたい人は見ないほうが良いですよ。

さて、何度かこのブログでも言っておりますが、私はヒーローモノが大好きです。
葛藤しながらも苦しみながらも守るべき者のために戦うヒーロー。
自身は戦う力はないがヒーローを支える仲間たち。
野望のためにあの手この手と策略を巡らし実行する悪の組織。

そんなのがとても好きで、特に石ノ森ヒーローには、人間とは切っても切り離せない業のようなモノが描かれていて好きです。

さて、今回の悲鳴伝は僅か13歳にして周りの都合により「ヒーロー」に祭り上げられた少年の話です。
冒険譚であり英雄譚ではあるものの、決して今までの西尾維新作品にあるような成長の物語ではありません。
確かにそういう意味では今までの中で一番似通っているのは串中弔士になるのでしょう。

さて、本作の主人公、空々空。
感動しない主人公というのがこれほどに共感のしづらい物だとは思いませんでした。
普通は、読者が登場人物の性格などを理解して感情移入するものですが、この空々くんは我々読者などが持つ感情を理解して、理解できるように振舞っている、そんな感じがします。
いーちゃんも大概でしたが、彼の場合は感情を押さえつけての無感動でしたし、何よりも「欠点が多すぎる」という特性によりとても共感めいたものはしやすかったです。
彼の場合は目立った欠点といえば「感動しない」の一点に集約されるのですが、それも果たして欠点と言えるのかは不明ですし、思考や倫理観に関しては我々と同じく人並みですし、利己的な子どもらしさも持っています。
これだけ条件が揃えば感情移入くらいできそうなんですが、彼の言動は理解できるし納得もできるし共感もできなくもないけれども、それだけなんですよね。

と、まあ主人公のことだけを長々と語っていますが、これはこの作品がやはり彼の人間性に依ってる部分が大きいからです。
物語はやはりいつもの西尾維新先生らしく大筋は王道だけれども演者たちが逸脱しているモノとなっています。
地球と人間の存亡をかけた戦いに、組織内部でのイザコザ、戦いを通して変わっていく人間関係。
しかし倒すべき怪人は人間と殆ど変わらず、ヒーローとして迎え入れる組織は家族の仇、仲間は家族を直接殺した精神不安定な人物。
まあ、他に比べれば大人しめとはいえ、真っ当ではありません。

それでも、上記に書いたような経験を踏まえて、敵の中枢に近づき、組織での暗部を覗きこみ、仲間との間に絆らしきモノが生まれていくものです。そんな中、主人公である少年も考え方だって変えていきます。

ですが、成長だけは一切しません。

敵との戦い方を工夫していきます。
組織に対する見識を深めていきます。
仲間との接し方も変えていきます。
だけれども、成長だけは一切しません。

結局のところ成長というのに必要なのは体験でも環境でもなく、それらに対しての反省や思考でもなく、感じる心だということなのでしょうか。
それがなければどんな体験をして次に活かそうとも、どんな環境に対しても時に受け入れ時に反発しようとも、人生や考え方が変わろうとも、成長はしない。

そんな彼の冒険譚にして英雄譚は、決して読みやすくはありませんでしたが読み応えのあるものでした。
どうも続いていきそうな雰囲気ですし、今後の彼がどうなっていくのかは非常に気になるところなので楽しみです。

あ、そうそう最後に一言この話しに対して付け足すのを忘れていました。
久々に登場人物が死にまくりですよ。
スポンサーサイト
【2012/04/30 23:49】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<真・女神転生Ⅳ | ホーム | 崩子ちゃん誕生日SS追加!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/176-cf39041e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する