寝言遣いによる日々の寝言
つばさキャット其ノ壹
アニメ化をすると、より多くの人がその作品を見始めます。
しかし、そうなると色々な人が居るわけで、中には手厳しい意見も出てきたりするわけです。手厳しいだけなら良いのですが、中にはただ叩いて楽しむ者も、残念ながらいたりします。

なんて言う、心配をしていたのですが、そんな心配はどこ吹く風。好評な様子のアニメ化物語もいよいよ来週でTV放映版は最終回!

あんなに不安と期待を入り混じりながら待ち望んでいたアニメ放送前から、もうそんなに立つんですね。
なんて、そんな事はまだ言うのは早いかな。

さてそれでは感想です。
まさかのGW話から始まった今回。アニメ用に色々と話の順序を組み替えているようですね。色々削って、尺のうちに収めながらも初見の方には話が通じるように、既読者にはがっかりされないように工夫を凝らすアニメスタッフの方々は本当にお疲れ様です。

町並みがまるで羽川の心情を映し出しているように綺麗で整然としているけど静かで無機質、どこか寒々しい感じがします。本当にここら辺の演出が凄い。以前から書いてますが、羽川へのこの演出の力の入れ具合は他のキャラより凄いと思うのは、私の色眼鏡でしょうか。

そんなちょっぴりシリアスなアバンを終えてのAパート。アニメ化で一気に人気が膨れ上がった撫子との校門前での愉快なトーク。いやはや、まさかビックリマンとドラえもんをそのままやってくれるとは思わなかった。今あのアニメを見ている人でネタがわかる人がどれくらいいたのだろうか。撫子みたいにDVDで見てれば可能でしょうけど。
しかしアニメでの阿良々木くんは変態に磨き(磨くと暦って字が似てるね)が掛かっているというか、女子中学生に渡されたブルマーとスク水を高々と掲げて何をやってるんだ、ツララ木さんは。

そして今回のヒロイン、羽川翼の登場。と、共に撫子退場。
阿良々木くんにガハラさんと関係においての忠告と助言を送る羽川。ううぅ、切ない。顔が笑っていても目が笑ってないよ……。
そして始まる頭痛……って、あれ? ここで察するの? アニメでのオリジナル要素?
って、え? あれ? ちょっと、いきなりGWの回想が再び始まった!? しかもこれは原作でも未だ語られていない事件の真っ最中の話。とんだサプライズだ。
ブラック羽川が忍、という名前が無かったころの吸血鬼もどきにエナジードレインされたところで回想終了。うーむ、忍の年齢と言い、やはりここら辺は原作の情報が間に合わなかったのか、それともアニメオリジナル路線なのかな。そうなると結末も変わったり?

そんな風に気になる感じのこれからの流れですが、まあ次回はきっとガハラさんとの拷問デートでしょう。
アニメのガハラさんは本当に可愛いので今からニヤニヤが収まりません。
あー早く見たいなあ。
スポンサーサイト
【2009/09/25 00:00】 | 化物語 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<つばさキャット其ノ貮 | ホーム | なでこスネーク其ノ貮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/86-607932c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する