寝言遣いによる日々の寝言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
難民探偵
091215_221910.jpg

お久しぶりの、と思ったけど実際にはそうでもない西尾維新さんの新刊「難民探偵」。ようやく読了しました。分厚くて読み応えがありましたよ。
今回は本当に久しぶりな気がする(メフィストやパンドラは購入できなかったので)ミステリー風味の作品ということで実に楽しみでした。というか、楽しませてもらいました。

でもやっぱりハードカバーは読みにくいです。(汗)

慣れればそうでもないのかもしれませんが、ページを捲るときやそもそも持って読んでいるときに違和感がどうしても付きまとってしまう。

まあ、外見はさておき中身の感想です。
よくよく「いやー」なんて言う言葉から始まる私の文ですが、今回はちょいと違います。

いやあああああああああああああああ!!!!

やめて!
許して!
勘弁して!
冒頭の語りがグサグサと刺さる!!

《戯言シリーズ》でのいーちゃんに対する説教も刺さるモノがありましたが、あっちは心理的というか観念的なものだったのに対して、こっちは現実問題なだけに痛さが格別です!

一番悪いのはそんな現状から脱することが出来ない自分自身なんですが、そんなことは分かっているんですが、分かっているからこそというか、痛いです。(涙)

今回は割りと(あくまでも西尾作品としては)正統派のミステリーでした。
キャラクターもそれほどぶっ飛んでいるわけでもぶっ壊れているわけでもありません。それだけに、実は読んでいる途中で西尾さんの作品であることを忘れてしまいそうになることもありました。

ですが、そこはさすがという西尾維新らしさというのもちゃんとありました。
これはオチの部分の話になってしまうのですが、全体的に荒唐無稽で現実から乖離しているのに、妙な所で現実的な辛辣さが描かれているというのは相変わらずです。
《戯言シリーズ》のあとがきでも書かれていましたが、キャラクターの大きな成長や変化というのはほとんどありません。例外的なのは刀語くらいでしょうか?
ですが、成長や変化はしないままに物の見方や捉え方が変わることによって、考えが一歩進むという特徴が今回もしっかりとありました。
まあ、この特徴は私個人が勝手に抱いているモノですけどね。

なんて、作品自体の感想が少ないのは、割と感想に困ってしまう作品だからです。
もしかしたら、それは私自身のボキャブラリーが低下して言っている証なのかも知れませんが、何せ前述したように他作品と比べて「真っ当」なだけに中々難しいのです。

ああ、そうです。もう一つ西尾作品の特徴というか、《戯言シリーズ》との個人的な共通点がありました。
この作品に出てくる人物は基本的に敗残兵です。
夢を見てるわけでもないのに堅実な人生が送れない就職浪人。
夢を適えて夢が冷めた現実を生きる作家。
冷めた現実から逃避しても夢が見れるわけじゃない難民探偵。
そして、それは物語が終わっても変わらないし、事件そのものだって後味すっきり万々歳というわけでなし。
ネガティブな敗残兵が後ろ向きに進む、否、進まない物語です。
だけど、読み終えたときに「ああ、頑張んなきゃな」なんて前向きなことを思える、これも大きな特徴ではないかと思っています。



いや、自分の場合は本気で頑張んないといけなんですけどね。
スポンサーサイト
【2009/12/15 23:43】 | 西尾維新 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<メリークリスマス! | ホーム | つばさキャット其ノ參>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/94-e15e6f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。