寝言遣いによる日々の寝言
アニメ刀語第一話「絶刀・鉋」
ついに開幕! 大河アニメ、刀語!
視聴から一日経っちゃってるけどね!

さて、一ヶ月置きとは言え、またブログのネタができたことはありがたいです。
どんだけ日常に話題が無いんだ、とかは言わないでくださいね。割と気にしてて傷つくから。

一日経ってしまったので結構感想を書かれている方も多いです。それらを読んで意外だったのは、予想以上に好評だったことですね。
いえ、原作既読の自分がこんな事を言うとあらぬ誤解を生むような気もしますが、しかしそれでももっと批判的な感想が多いんではないかと覚悟していたので驚きました。

感想は例によってネタバレ含みになる可能性があるの追記部分に書きます。

アバンからいきなりまさかの展開。あの大乱の結末をいきなり見ることが出来ようとは思いませんでした。あとPVでも確かに出てはいましたが、画集でしか描かれていなかった黒髪とがめの登場も嬉しかったですよ。
とがめの父親が七花の父親に首を落とされ時代は現代へ。
ナレーションがとっても良いですね。ほんと時代活劇って感じで。

OP超かっけえ!
映像も歌もカッコイイし綺麗だしで大満足でした。
あまりにも良かったので、不問語を買うのを諦めて、こちらを買うことにしました。

そして本編。時間が時間なだけに眠い目を擦りながらの視聴となりました。HPの名前をこんなのにするだけあって、自分は結構眠気に弱いので辛かったです。(苦笑)
話の本筋に関しては化物語同様、原作既読なので特に書くことが無いなあ。そういえば、以前自分はどんな感想を書いたのかなあ、と見返したらろくに感想書いてませんでした。(汗)
ま、まあ、それでも新鮮な反応っていうのは出来ないので、アニメ化によって生まれた部分について感想を描いていこうと思います。

まずキャラデザについては以前から散々言われていますが、原作既読者としては、そしてこの作品で竹さんのイラストに嵌った者としては、あのデザインそのままに動かしてくれたことは本当に嬉しかったです。あと、とがめの特徴の一つである目の十字はどうやら感情の起伏によって浮かび上がるようになっているようですね。これはおもしろい演出です。感想を見て回った感じ、未読の方は「何かしらの能力があるのでは?」と思われている方もいるようです。確かにそういう風に見えますな、あれは。
音楽も和風テイストで、だけどどこかSFチックな感じで良かったです。これもあちこちで言われていることだけど、自分もイノセンスという作品を思い出しました。
動きに関しては結構良く動いてたと思いますが、若干スピード感には欠けるような気もしました。あと、これは西尾作品のバトルで必ず言われていることなのですが、テンポが悪い、というのが在ります。実は今まで読んでる分にはそれほど悪いと意識したことが無かったのですが、実際映像になってみると、なるほど。確かにちょっと説明がくどいような気もしますね。もうこれは文字の多い小説媒体からの作品として仕方ないことだと思うので、それをアニメスタッフの方々がどのように料理していくのかが楽しみです。

EDはどうやら化物語同様、毎月変わるようですね。
そして今回は始まりの旅立ちの回の歌なのですが、その筈なんですけど……。
なんだろう、映像といい歌の内容といい、結末を知ってるとすごいしんみりと切なくなる。

さて、ここからは原作のほうの感想でも使っていた方式で書いていきます。

今月の主人公勢
今回はここに七実姉ちゃんも含みたいと思います。
さて、まあ何はともあれ、やっぱアニメ化したら語るべきは声なのでしょうか。
実はキャストが発表されたときに七花を演じられる声優さんに関して知識が無く(そもそもそこまで声優さんにくわしくなかったりします)、ちょっと調べてみたら、どうやら吹き替えなどが多い方のようですね。
で、聞いてみた感想はありきたりで申し訳在りませんが、皆さんピッタリでした。まだ感情の芽生えが無く気だるげな七花、病弱ながらも強い芯を感じる七実、クールでドジで妄執の念を燃やすとがめ。やっぱプロの声優さんってすげえなあ。
アニメでの発見としては、意外と七実が表情豊かだったことにはびっくりです。ちゃんと呆れた表情したときには「おお、こんな顔もするんだ」とか思っちゃいました。
とがめはまさかあの時照れてたとは思わなかった。くそぅ、西尾ヒロインは元々可愛いけど映像化されるとこんなにも可愛さがアップするのか。映像化に難色をしめしてた自分が本気で愚かしい。
そして、やっぱり映像化の注目といったら七花のバトル。そして、ついに明かされる七花八裂。まさに超必のコンボ技。でも、当然だけど実際に八つ裂きになるわけじゃなんだなあ、とか思ったり。もしなる技だとしても映像化じゃ逆に表現できないか。

今月の対戦相手&まにわに
今回は一まとめ。対戦相手=まにわにだし、別枠に他のまにわにが出るわけでもないですからね。
いやー、良いですよ。最高でした。想像通りというか、想像以上です。
もうその動きから声から喋り方から遺憾なく発揮される小物臭さ、噛ませ犬臭さ。正に理想どおりのまにわにです! それはもう感動してしまうほどに!
後もう一つ、忍法「骨肉細工」、やっぱ映像化するとグロ!?

さて、これから今年一年、またあの刀語を買っていた頃のワクワクを味わえると思うと、嬉しくてたまりません。
そして今度こそ完結の暁には格闘ゲームは発売されるのでしょうか!?
スポンサーサイト
【2010/01/27 23:16】 | 刀語 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<あ、あれ? | ホーム | こまめな更新>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://marusleep.blog75.fc2.com/tb.php/98-96f527aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(アニメ感想) 刀語 第1話 「絶刀・鉋」
大河アニメ刀語オフィシャルガイドブック (講談社BOX)クチコミを見る 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが征く! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメン?... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2010/01/28 19:32】
| ホーム |
プロフィール

寝言遣いマール

Author:寝言遣いマール
むにゃむにゃ……zzz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する